無料マネーセミナー パワープランニング株式会社セミナーポイント

無料マネーセミナー パワープランニングの特徴

パワープランニング株式会社

無料マネーセミナー

日本最大級の無料マネーセミナー運営会社!

弊社運営のサービスは創業10周年 弊社が運営する

サービス「みんなの生命保険アドバイザー」は、

みなさまに支えられて、お申込実績20万件・

お客様満足度94%を突破しました。

10年間に多くのお客様から認められている実績がございますので、安心してセミナーにご参加いただけます。

●お金の上手な貯め方・殖やし方を知りたいという方

●お金の話って難しそうと思っている方

●マネープランの立て方を知りたい方



セミナー

節約や貯蓄だけでなく、本格的な資産形成や、 投資、住宅購入資金など目的に応じて興味のあるセミナーに ご参加頂けます!

※セミナーのカリキュラムは時期により変わります。

※希望のセミナーが見当たらない場合は、日を後日改めてご確認下さい。

こんな方に是非おすすめです!

(1)住宅資金、教育費、老後資金はどう貯めればいいのか不安・・・

(2)お金が大事なのはわかっているけど何もできていない・・・

(3)不安はあるが、何をすれば良いのかよく分からない・・・

(4)何となく貯金はしているけど、このままで大丈夫?・・・

(5)自分なりにお金の事は考えているけど、プロの考えも聞きたい・・・

(6)私のお金の使い方や考え方ってマズイ・・・
今の時代、何もしないこと自体がリスクになります! 少しでも「お金に不安」をお持ちの方はこの機会にご参加下さい。

〜無料マネーセミナーとは?〜

女性におすすめのお金に関する正しい情報を無料でお伝えするセミナーです。

お金の知識に自信がない方でも、きちんと理解していただけるわかりやすいプログラム構成となっておりますので

初心者の方にも安心です。

さらに、うれしいスイーツ&交通費付き!駅近やアクセスのしやすい好立地の会場で、平日夜や土日にも開催して

おりますので、お買い物帰りやお仕事帰りなど、気軽にご参加していただけます。

パワープランニング株式会社では、皆様の人生に「感動と安心」を提供することを理念に掲げ、 様々な専門家による

無料コンサルタントサービスを全国展開しており、過去20万人以上の方にご利用いただいております。

講師はセミナー経験が豊富な優秀なファイナンシャルプランナーです。

そんな専門家の魅力や有益な知識を皆様に知っていただく為に、サービスの一環として全国各地で開催しております。

お金に関する疑問はもちろんライフプランに関しての知識も豊富ですので、幅広い疑問点やお悩みを解決できます!

パワープランニング無料マネーセミナーの必要性について

無料マネーセミナー『生命保険料はいくら払われているの?』


生命保険の払い込み保険料はいくら払われているのでしょうか?住宅取得の次に多く払われていると言われて

います。

平成27年度生命保険文化センターの調査では、1世帯当たり年間38万5千円だそうです。仮に40年間払い続けたなら

1940万円になります。

この様な高額な商品を購入(加入)するキッカケは皆様はどうであったでしょうか?

・親戚・友人・知人の生保レディーに勧められたので、訳が分からないままに加入した。

・会社の昼休みに生保レディー顔を出し、プレゼントを持ってきたので、義理で加入した。

等々、「義理」「人情」「プレゼント」生保レディーG・N・Pによって加入したという方が大勢おられます。

特に新入社員で社会のルールが良く分からない時期に会社に出入りの生保レディーなら間違いはないだろう!って

安易に加入し、10年も20年もそのまま更新し続けるケース非常に多く見られます。

先の調査結果をもう少し詳しく見てみますと、次の様になっています。

・全世帯の加入率89.2%

・世帯当たり加入件数3.8件

・死亡保障額の平均2423万円

・保険の種類 医療保険58.5%、遺族保険53.1%

・加入チャネル 生保営業職員 59.4%、代理店・窓口13.7%

各世帯の意識(希望)調査

・世帯主に万一の時の遺族補償額 5653万円

・世帯主に万一の時の月額入院保障 25万5千円

・配偶者が要介護状態の保障額 3308万円

老後生活費保証額(年金に加算する金額)

・60歳から64歳まで 20万1千円

・65歳以降 16万円

従って、生命保険は万が一の際には重要な手段であるがゆえに、安易に考えずに慎重に考えて、各ライフステージ

にあった保障を選びましょう。

そのようなお手伝いをして頂けます。

是非、ご活用ください!

無料マネーセミナー『働き方改革関連法案の影響は?』


安倍首相が今国会の最重要課題と位置付けた「働き方改革」関連法は2018年6月29日(金)の参院本会議で、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立しました。

働き方関連法は、労働規制の強化と緩和に関わる労働基準法など8本を束ねたものです。

2019年4月から順次導入される予定です。

私たち一般の従業員・労働者にどのような影響があるのでしょうか?

残業問題

残業時間の上限規制が厳しくなれば、当然企業側は規制遵守のために、残業や休日出勤の管理を厳しく規制しなければなりません。

当然、ブラック企業(もしくは近い企業)に対しても違法なサービス残業の撲滅に取り組むことでしょう。

そのこと自体は労働者にとっては喜ばしいことであり、問題視されていた過労死の撲滅にもつながることを期待したいものです。

では、具体的な影響について考えると

残業代が減ることでしょう。

既に残業代が生活費に組み込まれていたり、ローン返済の財源になっている方は確実に家計にダメージを与えます。

経団連の残業時間の調査では年間360時間以上の残業をしている人の割合は全体の30%が対象となっています。

仮に年収400万円で基本給部分だけで300万円と想定して、

300万円÷1800時間×1.25≒2000円(残業時間単価)

月に20時間カットされた場合で年間48万円削減されることになります。

国内従業員の30%の方は家計にとって大変な痛手となることは確実です。

同一労働同一賃金問題

働き方改革では、正社員と非正規社員との間の不当な格差を是正することも重要なテーマとされています。

そして、非正規社員の中には、これまで格差是正が叫ばれていたパートタイマー労働者(短時間労働者)だけでなく、有期雇用の労働者や、派遣労働者などが含まれるものとされています。

不当な処遇格差が是正されることは、労働者にとって好ましいことですが、これを理由として、非正規社員の労働条件を向上させるのではなく、逆に、正社員の労働条件を不当に切り下げられるのではないか、という懸念もあります。

この問題は、既に日本郵政において、非正規社員との格差を是正するために、正社員の手当を引き下げるという解決方法がとられたことにもあらわれています。

もし、貴方なりご主人の勤務先企業が日本郵政と同じ手法を用いたなら、賃下げになる可能性もあります。

残業手当削減やその他手当の引き下げが近い将来に実施された際の防御策を立てるうえでもお金に関する知識の習得をしなければなりません。

当無料マネーセミナーは最適なセミナーといえます。


無料マネーセミナー 無料マネーセミナーの特徴について




無料マネーセミナー・スケジュールの一例